« こカボチャ | トップページ | 閑話休題 »

2006-07-03

くちなしの花

060703001 NIPPON2006

甲府にいた頃のおはなし。

小学校に通うのが(ここがポイント)苦手だった私は

この季節、くちなしの花びらを一枚持って登校していた。

真っ白な花びらは、甘い香りを漂わせ

不機嫌な心を少しずつなだめてくれる。

くちなしの花の香りは私の味方。

さあ、歩き出しなさいと、やさしくそっと押し出してくれる香り。

060703002

|

« こカボチャ | トップページ | 閑話休題 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

で、今は大きなニンジンがぶらさがっていると
お仕事にはりが出ると。←それは私。

投稿: にゃにゃにゃん | 2006-07-03 17:33

私はにんじんでは
はりがでないかも…。
高麗にんじんくらいなら…。(爆)

投稿: やな | 2006-07-03 18:25

にゃにゃにゃん、うん、同じ♪
お仕事楽しいけどね、ニンジン好き~(*^o^*) 

やなさま、メリとハリはダイジ♪♪

投稿: かりまる | 2006-07-04 11:10

♪くちなしの 白い花
 お前のような 花だった~♪

くちなしの花=渡哲也なんですよね~(^^ゞ
昔から、自分の中では。変な子どもでしたf^_^;

投稿: あっちゃん | 2006-07-04 19:33

あっちゃんさま、渋いお子さまでしたね~♪
くちなしの花、香りのせいかなぁ?
私の中でも女の人のイメージ( ̄・ ̄*)
だからなおさら気分が落ち着くのかもね。

投稿: かりまる | 2006-07-05 14:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205272/5007754

この記事へのトラックバック一覧です: くちなしの花:

« こカボチャ | トップページ | 閑話休題 »