« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012-08-31

ひらがな

120830001

すこおしずつ、ひらがなが読めるようになってきたコまるっちょ

微笑ましい読みまちがいがおおくって、おもわず笑っっちゃいますsmile

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012-08-23

残暑ざんしょ☆

120823001 

自立とは、一人で何かをすることではない。

人と共感し合い、協調し合って生きることである。

    

なんだかどよよ~んとしていた私を、私たちを

遊びに連れだしてくれた人がかしてくれた本にのっていた言葉。

ああ、そうか。それでいいんだって思った。

なんでも一人でできるのがよいんじゃない。

周りの人に頼ったっていいんだ。

そんなことに気付かされて、すこし肩がかるくなった猛暑の夏。

まだまだ遊ぶよw

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012-08-20

はっぴぃばぁすでぃ♪

      120820002

コまるっちょ、5才のお誕生日。

君といっしょの毎日は

なんだかよくわからないキラキラがいっぱいで

ときに戸惑ってしまうこともあるのだけれど

でもやっぱり、そんな君とすごす毎日が大好きです。

君に出会えてよかったなぁ。

はっぴぃばぁすでぃ♪

オモシロイコト タノシイコト いっぱい発見してこうぜぃw

120820001

↑大うそ(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012-08-11

スキなコト

120808005

絵を描くことがスキです。

絵を描くことで、いろいろな人と出会えるのもスキです。

なつかしい人と再会させてくれるのもウレシイです。

絵を描いていてシアワセだなぁと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012-08-08

記憶のおすそわけ

120808001 

兄が、子供の頃にすんでいた家の「今の写真」をおくってくれた。

遠い記憶のおすそわけ、だって。いかしたこというなぁw

       

家の写真は、とてもなつかしくて、いろいろなことを思い出す。

今の息子とおんなし年のころだなぁ、住んでいたのは。

玄関にあった梔子の木、花の香りが大好きだった。

庭にあった花梨や白樺の木は、いまはどうなっているんだろう。

カンナに紫陽花、チューリップ、こでまりの花の愛らしさ

母が好きで、いろんな種類の花をうえていたっけ。

ガラスを割っちゃった勝手口

寝ころがって、日なったぼっこしていた鮮やかな青い色の瓦屋根。

2階の子供部屋、よくおっこちた階段

そういえば、庭にトタンの物置があったはず。

雨の日に中にはいって、バラバラバラと音をきくのが好きだったなぁ。

夜中、家のわきに車がとまると、タイヤの下で板がガッタンと音をたてた。

それが父が帰ってきた合図。

8月8日はパパの日。

パパなんてよんだことなかったのだけれど

今日は亡くなった父のお誕生日。

遠い記憶を共有できる人がいる

兄妹でよかったなぁと思う今日この頃。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012-08-06

ビィルの夏☆

120806001 

去年の夏は授乳中で、一昨年の夏はプチまるん製造中(笑)

2年ぶりのアルコール解禁の夏ですw

え~え~もう「一生分お酒のんだから、もうずっとお酒のまなくてもよいの」(←コまるっちょのとき、口走ってたらしい)なんて、二度といいませんともsweat02

ギネスの常温に小麦のビィルetc etc

フローズンビアのんだ♪シュタインジョッキ(ビットブリュガー)のんだ♪

あ、リッタージョッキ(ライオンいこう)のまなくちゃ!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012-08-03

ぱっくまん

120803001

顔パックの白仮面、コまるのときは大泣きされました。

プチまるん、どんな反応するのかなぁと思ったら

なんだか、おもいきしウケてました。

そのうち君もするようになるんだからなー!!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012-08-02

もしもし

120801001

コまるが小さかったころ(といってもまだ小さいけどサ)

パカッとひらく携帯電話でした。

コまるっちょ、20センチ定規やリモコンで、もしもし~電話ゴッコしてました。

今は、あいふぉん。

プチまるんも、はじめはリモコンで、もしもししていたけれどご不満で

電卓みつけてやっとナットク。

コどもって、よくみているねぇ。。。カンシンしましたcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »