« cafe さぶたけ | トップページ | 中学3年分の英語が面白いほどわかる65のルール »

2014-11-08

パワハラにあったとき どうすればいいかわかる本

Photo_2

02_3

合同出版さんから発売される
 
パワハラにあったとき どうすればいいかわかる本
(いじめ・メンタルヘルス労働者支援センター(IMC)+磯村 大(精神科医) 著)
のマンガを描きました。
 
職場のいじめや、パワハラを受けたときに、その対応の仕方をQ&Aで書いてある本で、その本人だけではなく、同僚や家族まわりにいる人にとっても参考になる「お助け本」になっています。
 
挿絵のマンガを描くときにいつも心がけていることですが、ムツカシイ事柄がとっつきやすくなるように、なんとなく避けていたけれど、ちょっと読んでみよう!の「ちょっと」になれるようにと思っています。
知っていることがなにかの助けになるかもしれません。
本屋さんに行ったら「ちょっと」手にとってみてみてくださいね。
どうぞよろしくお願いします。 
 
 
Photo_3
 

|

« cafe さぶたけ | トップページ | 中学3年分の英語が面白いほどわかる65のルール »

※takao kaori works※」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205272/57923867

この記事へのトラックバック一覧です: パワハラにあったとき どうすればいいかわかる本:

« cafe さぶたけ | トップページ | 中学3年分の英語が面白いほどわかる65のルール »