旅行・地域

2017-02-23

まが玉づくり

Freshpaint16720170223023849

   
はにわをうけとりに行きがてら、さきたま史跡の博物館の さきたま体験工房で、まが玉づくりを体験してきました。
まずは、白色(250円)、ピンク色(300円)、黒色(350円)の滑石という石を購入して、紐(ネックレスになります)の色を選んで制作開始!
☆ナント、この材料費用のみで、まが玉づくり体験ができます。
 
_004
↑紐を通す穴をあけます。
むかしのやり方で体験できます。
弓のような道具を左右に動かすと、幼稚園生の娘でも簡単に穴をあけることができました。

_005
↑やすりを使って、石の角を削っていきます。
黒色の石は、すこし固くて削りにくいみたいです。
大人はそうでもなかったですが、小学生の息子はすこし手こずっていました。
内側のカーブはエンピツを使って削るといいとか。

_006
↑目の細かいやすりをで、形を整えていきます。
丸くしていくのが、なかなかムツカシイです。
気がつくと、平べったく平面になっちゃうのsweat01
 
_007
↑フェルトで磨いていきます。
 
_008
↑一時間半ほどで完成。
左から、黒色(だんなさん)黒色(息子)ピンク色(私)ピンク色(娘)作品。
おんなし石もいろいろ表情があってオモシロイですね。
娘が選んだピンク色の石は、100個にひとつぐらい入っているという濃いめのピンク色で、ふつうは、私の選んだ白いっぽい石なのだそうです。
だんなさんは、むかし瑪瑙でまが玉を作ったことがあって、流石に上手でした。
 
教えてくださった博物館の方が、あと三回みんなでくれば埼玉県のマークができますね!なんて嬉々としておっしゃっていたのが印象的でした。
コレ↓
_001
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-02-20

行田名物ゼリーフライ

Freshpaint17020170220051043

ホント、今さら なのですがcoldsweats01
銭(小判)の形に似ているから
銭フライがなまって→ゼリーフライになったんだとは
聞いて知っていたのですけれど。
 
はじめて食べて、やっぱりちょっともプルンとしていなくて、衝撃でした。
ジャガイモ使っているっていうし
少しくらいはプルっとするかな?と思っていたのですね。
 
ジャガイモの分量より
少し多めの「おから」をまぜて作るのだそうで、栄養抜群。
明治後期の頃から、おやつとして食べられていたのだそうです。
衣のないコロッケ?
こちらも、行田市観光ガイドのHPにレシピがのっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-12-14

ティリーフのロケラニ

20161214

先日、通っているフラ教室で、先生がミニワークショップをしてくれました。
ティリーフという葉っぱを二枚にわけて、折り紙のように折りながらクルクル巻いてロケラニ(マウイ島のシンボルフラワー。ピンク色の小ぶりな八重咲のバラ)を作りました。
ティリーフ、今の季節の日本ではなかなか手にはいらず、わざわざハワイから送ってもらったそうですよ。感激weep
 
ティリーフの葉っぱ自体、なんだか生命力にあふれているかんじ。
不器用なので何回も折りなおししながら作っていたのだけれど、やぶれることなく。あまりの丈夫さに感心してしまいました。
ツヤツヤとした葉っぱは水にもつよく、服やサンダルにもつかわれていたのだそう。
ハワイの蒸し料理 ラウラウにつかわれているのもティの葉っぱ。
魔除けなどの不思議な力が宿っていると信じられていて、ハワイの人々のにはかかせない植物なのだそうです。
 
そんなことを思いながら眺めるティリーフのロケラニは、不思議に みていると気が落ちつくのか、静かな気持ちにさせてくれます。
フラ以外なこともいろいろと教えてくださる先生に感謝ですconfidentheart04

Fullsizerender_3
Fullsizerender_2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-12-02

富士山がみえた!

20161202
 
橋をくだりながら、一瞬 ビルの隙間に富士山がみえとき
蜃気楼なのかと思いました。
いつもは、雲がかくしていたり、前ばかりむいて自転車をこいでたりで
気がつかなかったのでしょうね。
あんまりの偶然に、おもわず泣いてしまいました。
 
今日、この時、富士山をみせてくれた青空を
私はいつか思い出すのだろうな。

Img_6642

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016-11-29

猫道オムライス♪

201611292

 
裏押上にある京子さんのお店 スマイルキッチンの人気メニュ「猫道オムライス」は、ごはんの味が、醤油味・カレー味・チーズおかか醤油味から選べるの♪
どれも美味しいのだけれど、わたしはチーズおかかがお気にいり。
 
京子さん特製、万能ダレベースの和風のオムライスには、かわいいオムアートつき。
↑うえのイラスト誰だと思います?
ナント、私。
世界でも珍しい(!?)似顔絵オムライスなのでした。
自分、美味しかった~(笑)

猫道オムライスには、おからさんフリット、サラダ
京子さんのふわふわシフォンケーキに
ハンドドリップコーヒー(又は本日のお茶)まで付いて、1000円!
じつはスマイルキッチンのなかで、いちばんお得なメニュなのですよdelicious

笑顔の集まるみんなのカフェ、スマイルキッチンの店主 京子さんのブログ
京子のスマイル日記→http://ameblo.jp/smilekitchen1221/
「みんな元気になぁ~れ♡」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-11-26

初舞台♪

20161125

先日開催されたすみだの文化祭のdance部門「さくらフェスティバル」に、いま通っているフラ教室Manaolanaも出演しました。
ふだんはイベントなどはでないのですが、今回は私もお仲間にいれてもらって踊ってきました。
 
なんとまさかの初舞台♪
もちろんキンチョ~もあったけれど、ゆうこ先生が大丈夫大丈夫~♪と明るくいうので、楽しみでもありました。
 
当日の朝、おんなしクラスの先輩が「初舞台、笑顔で楽しみましょうね」ってlineをくれて、なんだかホッ。とてもうれしくて笑顔になりましたheart04
さくらフェスティバル、Manaolanaではめずらしく、ハラウのみなさま大集合だったそうで、ケイキのおちびちゃんたちいれて30人あまり。
けっこうな大所帯で、楽屋がにぎやかで華やかでした。
そこに、すっとまぎれこんでる私。
別のダンスチームで出演する娘ちゃんに付いていた知り合いのママさんたちにあって、ビックリするやら照れるやら。
こういうのも地元のイベントならではかもしれませんねぇsweat02
 
リハーサルは、ちがうクラスの初めてましての方たちと一緒に踊るので、顔をおぼえて(これがなかなかムツカシく、パウの色でおぼえました)立ち位置の確認だけして、そのまますぐ舞台袖へ。
もう一度、曲をとおしで踊って、振りの確認ができるのかと思っていたので、内心ものすごくあせってましたーcoldsweats01sweat01
でも、先輩たちの笑い話や、プイリくらべ(それぞれに違う!)などしていたら、やっぱりワクワク楽しい気分のほうが満ちてきたのが、自分でも新発見。そんな自分がちょっとおもしろかったです。
 
そして、本番。
舞台にでたら、本当にあっという間!
いちど振りをまちがえてしまってからは、肝が据わるというのか、いつも通りおちついて踊れていて、
ナント、まちがって違う曲が流れてきた!本番なのに~なハプニングのあとは、なんだかもう可笑しくなっちゃって、踊りながら笑っちゃったのをおぼえています。
 
ちゃんと踊れていたのかもわかりませんが、後日、曳舟のカフェさぶたけの常連のおばさまがたがみていてくださったようで、「かわいかったわよー。衣装も素敵だったわよ」といってもらえたので、なんだかもーいい思い出になりました(笑)
興味なさそうだったので、だんなさんや子供たちをよばなかったのですが、やっぱり舞台の写真とりにきてもらえばよかったかな、なんて、いまさらながらすこし後悔していますcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016-11-24

初雪

20161124

さっぶいねえ~。
11月24日、東京初雪!こんなに早く降るのは何十年かぶりだそう。
この辺では、降るそばから解けていって、つもることはなかったのですが
今年は、冬らしい冬になりそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-11-07

ヘナアート

20161172

 
通っているフラ教室の先生に、ヘナアートを描いてもらいました。
祈りや魔除けなどに使われているヘナアートは、フラに通じるものがあるのだそうです。
もともとアジアン好きな私が、踊りは何故かハワイアン。
自分でもなぜフラ惹かれるのか、不思議だなぁと思っているのですが、宇宙の根本でつながっているのかもしれませんね。
 
調合してもらったヘナをいれた容器に細いしぼり口がついていて、ヘナを出しながら肌に直接描いていきました。 
けっこうドロっとしていて粘土みたい。
固まったヘナにさわると、ポロポロッと落ちちゃいます。 なるべく色がつくようヘナを落とさないようにといわれていたのですが、自転車こいでおチビさんのお迎えいったり、手袋をはめたりぬいだり、手を洗ったりしていたら、夕方にはきれいに落ちてしまいました。
 
かおりちゃんのイメージでと描かれた柄は、どことなくバティックを思わせるよう。
ヘナが落ちてしまったあとは、ほんのりオレンジ色に染まっていました。
これから色がかわるのだそうで、もうしばらく楽しめたらいいなぁcatface
お風呂はいったら落ちちゃうかな?
 
 
Fullsizerender_1_2
 
 
 
Manaolanaのブログ➡http://ameblo.jp/happy-manaolana/
いろいろなことにチャレンジしてしている
ゆうこ先生は、ホント パワフル♪♪♪
(マナオラナは、墨田区八広、小岩、新小岩を中心に活動をしているフラ教室です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-11-05

下をむいて歩こう

Freshpaint3520161105

空をみながら歩くのも好きなのですが、地面をみながら歩くのも好きです。

花や木の実もなのですが、マンホールとかタイルとか人工的な、その場所ならではのものをみつけると、ワクワクしちゃうのです♪

前出、埴輪作りにいった行田市のタイル、古墳とか、埴輪とか。

こういうの大好きです。

Img_6163

Img_6166

↓わが家で大人気、前方後円墳さん♪

Img_6167

オマケ。秋色のカマキリ↓道路を歩いていて、もうすこしでふんづけるところでした💦

Img_6154_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016-11-04

はにぃ♪

Freshpaint3420161104

埼玉県行田市のさきたま古墳群にある、はにわの館➡http://www.ikiiki-zaidan.or.jp/haniwa/ では、ナント、埴輪作り体験ができます。

1キロの粘土を600円で購入して、ロクロやヘラの使い方や、はにわの作り方を教えてもらったら、各々製作開始。
一時間から二時間くらいかけて、粘土をこねこね、ぺたぺた。
 
コどもたち、途中であきちゃうかな?と思ったけれど、さいごまで楽しんで作っていました。 おチビさんの助っ人をしていた うさぎと〜さん、いつのまにか自分のほうが夢中。
「わたしがつくるの!」と、おチビさんに怒られていて笑っちゃいました。
 
体験していた人の年齢層も幅広く、下はおチビさんの幼稚園から、上は友人同士でいらしてた おばあちゃま方まで。作る埴輪もみんなそれぞれで、埴輪 愛されているなぁと、ちょっとほのぼのした気持ちになりました。
 
終わったあとは、お片づけまでするのがルールです。子供たち、ぞうきんがけして道具をきれいに洗って片づけました。こういうことも、もうつきっきりで面倒みなくてよくなったのだなぁ。 この次は、子どもたちと一緒に作ってみようと思います。
 
これから、1ヶ月くらい乾燥させてから焼いて完成。クリスマスイブにはできあがるそうで、受け取りに来てくださいって(いけるといいなぁcoldsweats01) 焼きあがるのが待ち遠しいです。
Fullsizerender

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧